HYGGEnatura/ヒュッゲナチュラ 京都|アロマテラピー|ソジャットヘナ|よもぎ蒸し|マタニティケア|自然療法|注連飾り

HYGGEnatura Blog ◎ 植物の恵みとタッチケア ◎

HYGGEnaturaヒュッゲナチュラ|アロマセラピー|ヘナ・ヘッドセラピー|よもぎ蒸し|マタニティケア|自然療法

3/7 予防接種(ワクチン)のお話し会@京都

私の”まくのうちセラピー”の先生でもある やまむらひろのさん を京都へお招きして、
「予防接種(ワクチン)のお話し会」を開催することになりました。

 

赤ちゃんが生まれた方は必ず考えなくてはいけない この問題。

もちろん自分自身が接種する機会もあります。

 

私は子供の頃からアレルギー体質を理由に

学校で接種するほとんどのワクチンをパスしてきましたが、

全く何の悪い影響もなく今まで過ごせてきました。

 

でも、もし自分の家族のために選択しなくてはいけない時が来たら

「わたし」は、どう選択すれば良いのだろう、、

 

ワクチンって何で作られてるの?
どこまで安全?
本当に必要?
みんなどうしてる?

自然療法家でホメオパス
やまむらひろのさんをお招きして
自然療法の観点から
ワクチンについてのお話しを伺います。

必要かどうかを考えるタイミングや
ワクチンに変わる予防法
かかった時の対処法などもお話しくださいます。

お子さんに
予防接種を受けさせた方も
受けさせてない方も
これからの方も

「わたし」はどうしたいのかを
選択するきっかけに

どなたにもおすすめです。

f:id:hyggenatura:20160220125512j:plain 
全国各地で開催されているワクチンお話し会の様子(@小倉)


2016年3月7日(月)13〜16時
参加費:お一人 2500円+お茶代200円
    家族・カップル割引/お二人 4,000円+お茶代 各200円

会場:出町うさぎ2F
   京都市 左京区田中下柳町1-12
定員:15名  キャンセル待ち受付中
講師:自然治癒力研究所 たまゆら堂 主宰
   やまむらひろの さん
   http://ameblo.jp/tamayuradou/

   f:id:hyggenatura:20160220125250j:plain 


主催:HYGGEnatura/ヒュッゲナチュラ
   http://hyggenatura.com/

<キャンセル待ちご予約>
E-mail:info@hyggenatura.com 宛にメールをください。

*参加人数/お子さん連れの方は明記ください。

*前日までにキャンセルが出た場合はメールにてご連絡いたします。

 

*メモ用紙と筆記用具をぜひお持ちください。

だいたい15時すぎまではお話しを伺い
その後は質疑応答となります。
お子さんのお迎えなどの途中退室も大丈夫です。
託児はありませんが、
板間に座布団スタイルで行いますので
お子様連れでもご参加いただけます。
(おもちゃは音が鳴らないものでお願いします。)
小さいお子様連れの方向けに
授乳&オムツ替えスペースをご用意します。

お話会の前には会場でもある
「出町うさぎ」さんのランチがおすすめです。
ランチご希望の方はお店へ直接ご予約くださいね。
*TEL:075-201-6810

ひろのさんもおっしゃる通り(下記参照)
膨大な情報量を3時間と言う短い時間で
一挙に手渡してくださいます。
より多くの方にお話しを聞いて頂きたいので
今後も継続して開催していきたいと思っています。
*HYGGEnatura 富岡さちえ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(やまむらひろのさん より)

一般的にワクチンは
・せねばならないモノ
・コレさえしておけば恐ろしい病気を防げる
そう医療の現場でも、保育園や学校でも言われます

逆に反対派の人は
・怖い副反応がある
・知らずに打つのは虐待と同じ
とまで激しい論調で言いつのります

結局ワクチンがらみのことは
科学的な検証はさておき
恐怖ベースの感情的な、
または経済的なバイアスのかかった
いずれにせよ不安の残る伝え方で語られてきました

どっちを選んでも怖い
そんな恐怖の選択をせずに済むように
生物学的なカラダの仕組と
微生物学的な病原体の特徴を踏まえ
ワクチン以外の予防法も知った上で
それぞれに必要かどうかを選んでいただけるよう
情報盛りだくさんでお届けするのが
このお話し会です

仲間からは
「10000円の情報料だから
7時間の講座にして1万円とれ」とも言われ続けておりますが
それでは、赤子を抱えたお母ちゃんにはハードルが高いと思い
時間は3時間
お一人様2000円より(10名以上)という設定で開催しています

とにかく情報量が多いので
いちどで全てを理解するのは難しいですが
繰り返し、お友だちと聞くことで
理解はより深まります

「しなさい」とも「やめなさい」とも言いません
罪悪感は治癒力を制限する重荷意外の何物でもありませんので

かわりに、
必要かどうかを考えるタイミングや
ワクチンに変わる予防法
かかったときの対処法は
公明正大にお伝えします

(怖くなったから)聞かなきゃ良かった
(理想的な選択はできないから)聞かなきゃ良かった
という感想はこれまで一度たりとも出ていません

なにしろ情報量が多いので
「どうだった」というわかりやすい説明は
一般の方には難しいと思いますが
多くの人と共有したいと言ってくださいます

ご相談おまちしております。

 



HYGGEnatura tommy

広告を非表示にする
Copyright (C) 2014 HYGGEnatura.com / ヒュッゲナチュラ All Rights Reserved.