HYGGEnatura/ヒュッゲナチュラ 京都|アロマテラピーサロン|ソジャットヘナ|よもぎ蒸し|自然療法
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hyggenatura Blog - by tommy

HYGGEnatura|アロマテラピーサロン|ソジャットヘナ|よもぎ蒸し|自然療法

古代米〜成長中@岡山

[6]日々あれこれ [3]教室・イベント情報 [8]しめ縄飾り/伝統文化継承

8月は岡山へ帰省してきました。
今年6月、夜久野町でいただいた古代米の苗を実家の田んぼに植えて貰っていたので、その成長の様子を確認しに行きました。(父よありがとう!)

これらの古代米は、何に使うと思いますか?

f:id:hyggenatura:20160901162344j:plain

正解は。。

今年の年末に「お正月・しめ縄飾り」として使用させて頂きます!
昨年も大人気だったワークショップも開催しますよ◎

 

(写真上)
こちらは、実家から車で5分くらい南下した足守川の袂にある田んぼ。
手前、普通のお米と見た目がほとんど変わらない稲も古代米なんです。
よーく見ると草丈がやや高い?かな。

 

f:id:hyggenatura:20160901162712j:plain

田んぼの手前の仕切ってある部分が古代米エリア。
その向こうは全部普通のお米です。

古代米エリアの右側に見えている白っぽいのが、古代米の白。
草丈は低く、葉先が白くなる品種だそう。

中央の黒っぽいのが、紫米。
その奥が赤米。

紫米は葉っぱも紫なのに対して、赤米の葉っぱは意外にも緑。
これから出てくる穂先がだんだんと赤く色づいていくようです。

これらの古代米の稲は、穂がついて良い頃合いとなったら早めに刈り取り、
全て今年の年末のお正月飾りに使用する予定です。

去年もシンプルなデザインが人気でしたが、今年は古代米のカラーも加えて、さらに渋くてグッとくるデザインにしたいと思っています。
オリジナルの形に加え、日本各地の伝統スタイルも織り交ぜてみたいです。

f:id:hyggenatura:20151129095740j:plain


今年はサロンのお仕事に絡めて、京都で野草(生薬、ハーブ)に関わるスペシャリストな方々にお会いしています。

私は、セラピストとして自然の恵み「植物」の効能や伝統療法としての使用方法を伝えていきたいと思う傍ら、「農」の手仕事を伝えることも大切な仕事だと思っています。

この5年、10年のうちに、日本ならではの活きた技術や知識を持ったおじいちゃん、おばあちゃん世代がいなくなってしまう。
そんな危機感を持った私たち世代の人々が動き始めています。

無くなってしまってからでは遅いんですよね。
私の出来ることは本当に少しだけど、それでも出来ることを少しずつ繋いでいきたいのです。


今年の年末にかけて、お正月・しめ縄飾りのワークショップ&販売会を開催します。
そこで使用する稲や植物が、どこでどんな風に育ったものかを感じ、この一年、次の一年に思いを馳せながら縄を綯う。
そんな風にして迎えるお正月は、きっと特別です。

ワークショップは、11月から徐々にスタートしていきます。
一緒に縄を綯いましょう!

 

 

HYGGEnatura/ヒュッゲナチュラ
オーナーセラピスト 富岡 さちえ

広告を非表示にする
Copyright (C) 2014 HYGGEnatura.com / ヒュッゲナチュラ All Rights Reserved.