HYGGEnatura/ヒュッゲナチュラ 京都|アロマテラピー|ソジャットヘナ|よもぎ蒸し|マタニティケア|自然療法|注連飾り

HYGGEnatura Blog ◎ 植物の恵みとタッチケア ◎

HYGGEnaturaヒュッゲナチュラ|アロマセラピー|ヘナ・ヘッドセラピー|よもぎ蒸し|マタニティケア|自然療法

災害後のメンタルケアまとめ

f:id:hyggenatura:20180906165758j:plain


今年は多くの災害に見舞われている日本。
大阪北部地震西日本豪雨災害、猛暑、台風21号、そして今日起こった北海道地震
被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

災害時、災害後の心と体のケアについて、セラピストとして出来ること。
引き続き少しずつでも発信は続けていこうと思います❣️

長い期間の積もり積もったストレスで、心身は気づかないうちに消耗しています。
このPTSD症状は、被災地ではない場所にお住いの方も同様に起こります。

どうしようもなく不安に襲われたり、感情をうまくコントロールできなくなったり。。
ご自身の心が「強い」「弱い」というのは関係なく、この様な症状はどなたにも出ます。

決して我慢せず、出来ることから実践して、周りの方へのケアにお役立て下さい!


災害時に役立つ精油

精油は香りを嗅ぐだけで脳の視床下部へ働きかけ自律神経系の調整に効果を発揮します。

ラベンダー
 感染症、傷、虫刺されなど皮膚トラブルに

ティートリー
 各種感染症予防に、水に薄めてうがいすると喉、口腔ケアに

オレンジ または マンダリン
 神経系の興奮を鎮める、不眠ケア、自律神経系のバランスをとる

フランキンセンス(乳香)
 抗ストレス、心のケアに

 

タッチケアで心身をリラックス

皆さんの「手」には、心と体を癒すための素晴らしい力があります。
特別な訓練を積んだ人だけではなく、どなたでもです。

肌に ゆっくり 優しく 触れる。

これだけで、脳からは愛情ホルモンの「オキシトシン」が分泌されやすくなり、自律神経も整いやすくなりストレス症状も緩和されます。

体の部位の中でも「手」は脳への刺激を強く送ることが出来るので、ハンドマッサージをしてあげると、より効果が出やすいです◎

 

心の変化への対処法

・心が不安定になるような刺激(衝撃的な映像など)を避け、気持ちが落ち着く環境作りを心掛ける

・感情を抑えつけずに認めていく。「ああ、私は怒りを覚える!」「いまはとても悲しい!」

・1人で抱えず、信頼できる人や共通の思いを持っている人に思いを話す

・専門家に相談して、遠慮せずに適切なケアを受ける

 

体の変化への対処法

・ゆっくり休息を取り、栄養補給をする

・深呼吸して(4秒かけて息を吸い、6秒かけて息を吐く)、体の中に空気を取り入れて血流を良くする。息を吐くときは“嫌なものが体内から出ていく”イメージ、息を吸うときは“新鮮な空気が心身を浄化してくれる”イメージを持つと効果的

・症状が日常生活に支障をきたす場合は、遠慮せずに医療の診察を受ける

ライフラインなどの環境が整ったら、次は自分自身をいたわる時期です。
できるだけ、自分に優しくしてあげてください。

 

トラウマ(心的外傷)となるような
出来事が起きた後の注意点

精神的にショックな出来事を体験したときは、行動にさまざまな変化が起こります。
以下は、「ストレス反応が長引かないようにするポイント」です。

・親しい人から距離を置かない

・自分を応援してくれる人に、できる範囲で出来事について話す

・家族や友人と過ごす時間を取る

・余暇の時間を取る

・穏やかで心落ち着く場を確保する

・一度に1つのことだけをする

・無理に「大丈夫なふり」をしない

・普段から慣れた仕事をする

・極力、大きな変化は起こさない

・気になる症状がある場合は、遠慮せずに専門家に相談する

長期化する災害の余波に備え、くれぐれも無理や無茶はしないように心掛けてください。しっかり休みを取り、しっかりやるべきことをする。それが、この困難を乗り越える基礎体力となるのです。


- - - - - 

災害後に知っておきたいメンタルケアまとめ より
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1103/14/news116.html


参考資料:
WSD Personnel Employee Assistance Program “Tips for managers”
Magellan Health Services “CISM Handouts”

Copyright (C) 2014 HYGGEnatura.com / ヒュッゲナチュラ All Rights Reserved.